ニュース
NO-139
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリア旅行記 vol。3
2013年 06月 17日 (月) 17:00 | 編集
4日目
中国人おいいいいいいいいいだった朝食。
もちろんバイキング形式なのででは・・・と思ったら
凄い勢いで並んでいた我々を押しのけて入り込む群がる きょとーん
もはや彼らが落ち着いたらでいいな~と思って少し時間空けてからとりに行ったけど
パン取ろうとしたら、肩叩かれて何かな?って思ったら 中国人が指さして"パン取れ"って・・・
なんか言われるまま従ってしまった(笑) しかも2こよこせって言われた。 怖い・・・
食べ方もすさまじく、明らかに自国からもって来たであろうゲソのような物体をタッパーから取り出し貪る
一体何なんだ?!?!
我がツアー唖然とした朝でした。
「だから日本は尖閣諸島・・・r」 誰が言ったか忘れたけど吹いた。

朝も朝ならこの日は不運としか言いようのない日でした。
ツアーメンバー全員涙目だったひ。
130525- (1) 130525- (2)

カプリ島へいくぞーーー!新幹線にも乗ると意気揚々でしたが
雨は無いにしろ凄い強風
さてさてー!カプリ島へ向かうべく高速船へ乗り込む
来ました。またしてもミッションスタートです。
なんだか荒波が凄くてジェットコースターのように歓声が起こる船内
このアりスには夢がある! キリッ
荒波によろっと(この時点でアウトなフラグ)しながら船室から離脱
ズッタン!ズッズッタン! ってやろうぜ
風と波で揺れすぎて写真所ではありませんでした。
むしろ、イタリア人に船室戻れって言われてた気がする(イタリア語解らないからね
一応記念にやるだけやったと写真撮ってみた。
130525- (30) 130525- (3)
でもって、その様子を心配しつつみていたイタリア人とパシャリ!
揺れる度に手をさしのべてくれた紳士です。
まぁ誇る所じゃなく恥ずべき所なんですがどうしてもで・・・無茶してすみません

早々に諦め船室へ
すごいゆれで酔い止め飲んだけど・・・こ れ は
気がつくと、入り口で貰った袋を持ってフラフラ立ち上がる人々・・・?
嘔吐段幕・・・見たくなかったソレェエエエエエ
慌て目を閉じて忘れることにした。 
★カプリ島
レモンの島といわれるぐらいレモンの生産の多い所
リモンチェッロもこちら主要産地です。

到着してみんな減なりだよ、私はテンションだけで乗り越えてますけど
添乗員曰く「今までに無い大波と風に船が出たのは軌跡です。」 そんなに!?
結局、帰りも怪しくなって船の最終船が昼までになったので予定が変更になる・・・・
カプリ島を観光していく
130525- (6) 130525- (4) 130525- (5)
青の洞窟の代替
ヴィラ・サン・ミケーレへ
個人の建物なんですかお庭とか凄いのなんのって・・・
イタリアにはこういったお金持ちに所有して貰うことで
歴史的な建造物を維持できるとかー 国としてはソコまで所有できないから丁度いいんだそうですよ
景色の良かったでーす! そのくらいかな?
正直、青の洞窟いきたかったなって気持ちが上かも、同じ代金だったとしてもだ。
130525- (11) 130525- (13) 130525- (14)
途中で食べたレモンのアイスおいしいー!めっちぇおいしかったv
予定していたランチへ
リゾットに白身魚、バニラアイスだよ!
フレッシュレモンジュースがとてもすっぱかったよ!
130525- (7) 130525- (8)
130525- (9) 130525- (10)
でもねでもね・・・帰りもあの船か・・と思ったら全員うかつに食べられなかったよね
それにしてもランチ滞在長い?
あれ?あれ?添乗員さん慌ててない???
「荒波強風で船が止まりました!
フェリーの手配をしておりますのでしばらくお待ちください」

!?!?
カプリ島から出られない(^O^)EEEEE!
この後って新幹線でフィレンツェ入りですよね?!?!?
ええええええっとおもいつつイタリアの空気は移るんだ
慌ててもしょうが無いしダラダラしようぜーな私。
日本だったら考えられないな・・・
なんとか、フェリーを呼べることになったらしいので時間まで予定通り+αな観光へ
130525- (28) 慌てる添乗員さん。

その後のフリータイムで
アナカプリ地区のリフトに乗りましたよ
ソラーロ山の展望台へ
130525- (17)

130525- (19) 130525- (20) 130525- (15)

130525- (16)

130525- (12)

130525- (18) 130525- (27)
あ、さっきまで強風で止まってたんだっけ? うん、っすっごい揺れて怖い!!!!!
寒いリフトから見る景色は最高だったけど寒くて怖かった。
場所違うけどカプリ島だからね折角だからね
サーレェ気取っておきました。(何故

14:50のフェリー待ちの人々でごった返している・・・
新幹線もディナーもずらしてあるので、時間は押すけど予定通り!
で。14:50港は・・・そう人でごった返している・・・
船から人も下りきっていない、14:50発ですよね!?!?
さすがイタリアゆる~い フェリーに乗れたのは1時間後であった。
気分はね「あ、コレ知ってる・・・帰宅難民」って言うんだよ。
過去2度経験したから知ってる^^^^^^^^
新幹線間に合うの!?!?! ギリギリってさっき聞いたような?
やっと船内へ、ぐったり人々でいっぱい
「帰宅難民、座るところも無いから地べたに座っちゃう都内の駅にて」のような感じで
何とか椅子一個見つけたので、ママンに座って貰って後ろにあった箱みたいな所で壁により掛かって寝た。
到着が近づくと我がツアーバラバラだったのに伝言で
出口付近待機!バスに乗り込み新幹線へ向かうとのことでーす。
何このピンチ!?
でもでもチームワークが良くて、バスにさっと乗り込んで新幹線間に合ったよ!

新幹線は2組だけばらけて指定席へとのこと
私は別に一人でも写真さえ撮れれば良いむしろイタリア人と一緒が良いv
と思ったのでバラバラでも良いですよ~と言ったんですけど
いざ新幹線となったら、気を遣って貰っちゃって(^_^;
ツアーで一緒のオジサマに席変わって貰った。申し訳ないです。
新幹線でも写真撮りたかったので、まぁいいか
しかしクタクタで今すぐ寝たい気分でしたけど・・・新幹線でのミッションが・・・・
まぁ人多くてちょっと厳しかったから記念撮影レベルでした。ペッシ風(笑)
ちっくしょーーーーーーーーーーーーーう! 釣り竿もって来たのに(何してる
130525- (21) 130525- (22)

130525- (29)
いいんだぜ、失敗だったとしても"やってやった"って事に意味があるんだ。

食堂車行こうと思ったけどアンタ爆睡してたから・・・
なぬ!? ミスタとの死闘が!!!!!! しくった!
ぐったりフィレンツェ到着!

ディナーおいしかったね
130525- (23) 130525- (24)
130525- (25) 130525- (26)

野菜スープにTボーンステーキv プリンおいしい♪

そして5日目へ

あ!
カプリ島へ行った方の話では・・・
「船は何の揺れもなくスーーっと到着するよ」だそうです!!! 貴重な経験しましたね(求めてなかった。)
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) NO-139 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。