ニュース
NO-139
衣裳製作レポ 討鬼伝・極 ホロウ
2015年 03月 25日 (水) 20:03 | 編集
討鬼伝 極 ホロウ 製作レポ

製作レポご無沙汰だったので嬉しい
許可を戴いていたのに、遅くなってすみませんでした。もっと早くあげる予定でしたが遅れました(-_-;)
2014年最後の衣装制作です。
久しぶりの衣装制作で、私のではなく、オーダー頂いた衣装です。
 腕を見込んでといった依頼は凄くうれしい最近依頼があんまりないので、あっても断ることが多くて・・・
お友達の妹さんの衣装なのですが、これを機に仲良くさせてもらってます!

年末あたり結構どんよりしていたので、いい機会なので引き受けたかった。
どんよりの流れを打ち切りたくて、どうかな?って依頼のメールだったけどやるしかないと思ってた。
個人に頼むのは不安もあると思うのですが、腕を見込んでなんてなかなか言えないですよ!言われた事が無いです本当に嬉しかった。
仕事のこともあったりしてバタバタはしているけど時間がないわけではないので、引き受けさせていただくことにしました。
 2014年、制服とかスーツ系ばっかりだったので何か取り戻せるんじゃないかなってっ思たり作りがいのあるコーエー様ですしね(笑)
本当に作らせてもらえて良かったお二人には心から感謝しております。
この場をお借りして改めて、ありがとうございました!

では、レポです。
全部お任せするのではなく、自分でも作りたいと仰っていて髪飾りや足のパーツはご本人様作です。
 面倒くさいから全部とかではなく自分も関わりたいと言うところにキャラへの愛を感じて私は勝手にテンション上がりました。
キャラ愛=コスプレだと思っているので、その瞬間惚れた。
horo2014 (1)
討鬼伝 極 ホロウ=なつめさん
小柄でスリムでカワイイのですv撮らせてもらえて嬉しかったです。


☆インナー・スカート
帯で見えなくなるので切り離して制作
ワンピースタイプも案にはあったのですが小柄だったので調整ができる方が安心だね、ということで上下分けました。
horo2014 (6)
まずは、メインに使っている↑紺色の布について
営業の仕事をしていた際にお客様にいただいたお着物を使っています。キャラクターイラストを見たときにこれだ!っと思ってすごくテンションがあがった。
OKもらえるか心配だったけど、この布でOKですって言ってもらえて嬉しかったです。
紺色に銀糸の地模様が入っていて綺麗なんです。だから小物じゃなくて、衣装とか大幅に使える所があればと思っていたので嬉しかった。

前の打ち合いがメンズで・・・
何度も公式見てもメンズ左前だったので左前で作りました。そして薄水色の矢がすりの模様が見つからなくて、ご自分で描かれるとのことで無地で作らせていただきました。
私は、柄をスワロフスキーで描いたらいいと思ったのですが・・・全力で拒否されました。
全力で自腹でスワロかうって言ったんですけど・・・ダメだった(当然です。

結構細めに作ったのですが、仮縫いで緩くてびっくり!本当に細くてかわいいスタイル良いんですよ!私みたいにまな板でもないし着るときの気安さとか相談しあって制作していきました。上下分けて大正解。
horo2014 (3)

こだわりたい部分はは襟ということで、襟の再現率のはかなりこだわってみました。
大きなハトメがなくて、シルバーだったものを金に塗ってコーティングしました。
タッセルはハトメから通した紐でネックレスにするか悩んで、時短が好きな私としてはやっぱり着やすい事って大事だと思います。
作った人は当然わかるけど、いざ着ようと思ったらわからないっていうのはいやですよね?
なので片側だけ、止めて襟の後ろ中心の所でスナップで止めて着るようにしました。
パーツ紛失防止にもなります。
後ろ中心にした理由もあります。
タッセルで引っ張られたときに、ハトメ横だと前襟が引っ張られてしまうんですね、後ろ中心なら襟が不自然になりにくいと考えたからです。ハトメ横にスナップの方が着るときに分かりやすいかもしれないけど、やっぱりシルエットって大切だと思うんですよ
スカートはゴムタイプにして融通の利くようにして、サイドにスリットがあるのですが際どくてドキドキ、またそこにさりげなく模様があったり・・・コーエーエエエエエエエぬかりないですね、好きです。

☆帯
帯はベルクロで後ろ側で止められるようにしました。別珍で作ったので厚みがありますが気にならない細さ、ラインは実物サンプル見てもらってブレードを決めまた。
真ん中の丸の部分はウレタンと布で厚みを出すように作り青いタッセルは自分で作った物ですがつけさせて頂きました。
帯の上から後で装備する仕様です。
horo2014 (2) horo2014 (18)
帯UP 


☆羽織
私が一番こだわったのは羽織です。
horo2014 (5)
かわいいvv

見落としがちな細かい模様にや装飾、構成など難解でした。
中でもこだわったのは前の襟で良いんだっけ?和装久しぶりで名称忘れ気味
グラデーションになってるんですよ、これはね・・・やるしかないなって思いました。
horo2014 (8)
色の調節難しくて・・・グラデーションになってます。

horo2014 (16) horo2014 (17)
こだわった。染料の調合とかこだわったの

2色同時に染めてます。襟だけなら布の量が多くないのでできる事
スカート全体とかになると同時に2色は場所とかの都合で無理なのですが・・・
腰と手に来るからね(笑) 何度も洗うから手が荒れるんだ。どうしても素手じゃナイト染まり具合の感覚がわからなくて最終的には素手なので、あと体勢が変なのと水が重くて腰に響くけど、この量ならそうでも無いので全力投球じゃ!
綺麗に染めあげることができたので私満足です。
horo2014 (10)
控えめにね(要望)
裾にはレースモチーフとスワロで装飾しました。

horo2014 (13) horo2014 (11)
肩ケープ?謎のデザイン、襟の型紙から展開してあとは立体でバランスをとり制作、角に装飾があるのですがミシンで縫ってます。
後ろにはタッセルが付いているので引っ張られないように重さに気をつけながら作りました。
左には模様をアイロンでプリントできるシートをカッティングして作りました。すごくいい色見つけたときは感動した。

袖は難解で、袖口から青い内袖っぽい物がでているのですが、袖を2重にすると分厚くなってもったりするのでシルエットが美しくないと思い、途中から生えてる?生えてる仕様です(笑)
袖口(白)の方には金の紐が垂れ下がっているデザインだったので金のブレードを使用して作りました。

苦戦したところと言えば・・・
模様! 以外と距離があったり袖が思ってた以上に縫いにくくて苦戦しました。
horo2014 (9) 縫う前の印とラインは太めの糸を使ってステッチで作りました。

horo2014 (7)
←袖用 裾用→ で大きさが違います。

horo2014 (14) horo2014 (12)

horo2014 (4)
かわいいでしょ~ この水色のうウィッグ似合う人尊敬。
トータルしてキャラの公式絵とお似合いでかわいかったです。

紺のひし形を作り、その上に金のひし形を乗せて縫います。 ちゅんと一つ一つ縫ってます! バランスを見ながら配置してひたすらミシン、結構時間がかかって焦ったけどやっぱりできたときはすごく嬉しかった(*^_^*)達成感があって良い!
なつめさん細いしそう距離は長くは無いと思ったのですが、裾は広がって欲しくて作ったんでした。
途中間に合うか焦りました。

☆制作秘話
完全に、わたくし事で手間をとらせてしまったなっと思ったのが キャラがわからないのと久しぶりの衣装制作で感が鈍ってて、電話させてもらって "ホロウ"と言うキャラクターがどんな子でどう言うところが好きとかいろいろ聞かせていただきました。
自分にリンクさせて行くことですごくイメージが沸くので、一気に作りやすくなりました。
あとは個人的なやりとりになるので、なつめさんは返事が早くて今でもですが安心感がすごくあって
いいお友達ができたなって思ってます。(*^O^*)勝手に
私の作るアクセサリーにも興味持ってくれたり、嫌な顔せずにコナン君の話聞いてくれるの!女神!
一緒におうどん食べるおうどん仲間だよ


★念願の撮影会
全身を生で見たいので撮影会行きましょうねって年末はなしていたのですが年明けたらすぐに連絡をくださって撮影の予定を一緒に考えてくださったんですよ!感激
すごい細くてボディに少しも着せられなかったので全身見られて感動した。

ご自分で作られた、足のパーツや髪飾りもこだわりが見えていてすごくすてきだった。
私もコスさせてもらえたし、あまり笑わないキャラなのに笑ってとか言って申し訳ないキャラ勉強不足でした。
写真も少しでも気に入ってもらえる物があれば嬉しいです。

horo2014 (2)

すごく優しいし話していて繊細な感じ、言いたいこといえないんじゃないかと思って心配
直してほしいところとか合ったら遠慮なくいってほしい!






久しぶりのオーダーでした!
【オーダーは常時受け付けております。】
なんですけどね
打ち合わせから型紙や製図などの段取り構造や採寸、納期の相談にはじまり、材料の買い出しから縫製のまえの型紙制作と持病で裁断が遅いのを抜かしたとしてもかなりの時間がかかるわけで、そこから時給、材料費、工賃などなど様々な物に金銭が関わってくること、縫製工場ではないので全てを一人でこなすわけです。
なので高額になりがちです。

今は簡単に買える時代なのでなかなか個人のオーダーは太刀打ちできないですね
業者が出回る前は勝ち組だったけど今はもう無理かなって思ってます。
業者と同じ値段じゃ材料費にもならないんだよ、知ってほしい

出来ないと言う前に、作ることも体験してほしい 好きなキャラだからこそ自分で作ることに意味があるのがコスプレだと私は思います。
私のコスプレ観念かな?



すごくいい経験をしました。
機会を下さったお二人、そしてここまで読んでくださった方ありがとうございました。
本当にありがとうございました。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) NO-139 all rights reserved.
designed by polepole...