ニュース
NO-139
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衣装制作レポ メガテン悪魔 パールヴァティ
2016年 12月 12日 (月) 22:05 | 編集
衣装制作レポ メガテン悪魔 パールヴァティ
11/12の2次会でお声がけいただいて、誘われたことなんて無い!行くしか無い!
その時思いついたのが、パールヴァティだったのです。
これなら作れる!(謎の確信)
ラヴェンツァとリメイク仕事でトリプル制作な時期もありましたが何とか出せました(*^_^*)
コスプレごっこなのでさらっと見てもらえれば嬉しいです。
s-161212-2 (2)

綺麗にとっていただきました。 Photo:風蓮さん Thanks☆

161212-1 (25)

161212-1 (33)

型紙は腰の部分と衿以外作っていないというのが時短制作です。
某BLゲームの型紙と凡庸パンツ型紙に全円スカート凡庸の合わせ技制作。
買ったのは、ウィッグとファスナーのみ
集中力が凄くて大まかな全体図までの制作は裁断入れても2日ぐらいです。
これはちょっと早い方かも、集中するとその分しわ寄せが来るので、夜は仕事から帰ったら何もしないで寝る日を作ること

161212-1 (11) 161212-1 (10)
 装飾前の2日間であろう縫製はコチラ


★トップス
袖をぴったりさせたくて、でも2WAYだと素材感が全然違うことで凄く悩まされましたが
片方伸びる素材でやれば行けるかなぁと、UPめの写真見ると解るのですが荒い。ミシンがとにかく荒いです。
そこは反省してます。
切り替えにブレード2種類とにかくたたく、衿とファスナーはその後
ブレード引っ張り出せるだけ出して悩む
161212-1 (4) 161212-1 (3) 161212-1 (2)

ブレードをたたくんじゃ!
ブレードは先がほつれやすいので、ほつれ止めとセロハンテープで固定です。 2つ折りするところもあるけど幅が合ったので、臨機応変にうごきます。
ブレードの上は、手縫いでひたすら、スパンとパールを縫い付けます。

161212-1 (30) 161212-1 (28) 161212-1 (26) 161212-1 (38) 161212-1 (27)
すっごいよれてるじゃない!!!!!!!!!!!!!!
これが荒々しい衣装制作の末路です。
衿のアップです。ビーズとかスワロフスキー、ラインストーン、スパンは全部手縫いです★

後ろの方が長めに作ってあります。 平行がイイと思うじゃろ?
着るとですね、猫背で丁度いい長さになるんです!
最近猫背諦めたの。 下の着用図見るとわかるけど違和感ないので(笑)

袖口や裾も、スパンとビーズでフリンジ風にちまちま縫います。この手の作業が大好きなのでどんどこすすむ。
P4制服もハンドステッチ文句言いつつも全部手でやったし、手作業は好きです。
このフリンジ感すきなので見て欲しいですねV

★パンツ~腰回り
上下でのバランスは併せたくていろいろ考えました。
トップスの袖や衿と同じ布で、軽くてイメージにはピッタリ
でも透けるんです。
なので、バレエ用のアンダーはいています。なのでわからないし暖かい
嘘、寒くて辛かったです。末端冷えるとアウトな私です。
カフスにも少し装飾しました。 ブレードたたいただけですが・・・
161212-1 (5)
バランス的に上の布が落ちてくると思うので見えないと思ったのでそこまでは
腰回りは取り外せるようにしていました。
洗濯がしたいので
スナップで固定しようと思いつつ・・・気力に負けてベルト部分とパンツを縫い止めました。
洗濯しにくい衣装となりました。
動きは無いのですが、バランスとか綺麗に出したくて腰の布は全円に近いフリルで作りました。
161212-1 (17)
↑これに
↓これを足すと・・・
161212-1 (34)1段目はオーガンジーです。
そこに、オーストリッチを田植えします。 この作業田植えと言います(笑)
洗濯できない理由はここです。羽を付けると洗濯は厳しい!いいですね、テストにでますよ
オーストリッチの束をいくつかもぎ取って、結いでくるくるっとまとめて小さい束をごりごり作ります。
161212-1 (22)以前作ったもののつかわなかったシリーズの出番です。というわけで指でくるくるはショートカット
ひたすら田植え、ボンドで一つ一つ貼っていきます。
ちゃんと乾いたらその上にアクリルストーンで一つ一つ飾ります。
161212-1 (35)
2段目
このレース地が大量にあって、やっと出番!もらいものだけど!
なので目で見てるよりも凄い布の量になっています。
裾は2種類のブレードで装飾しました。
その前に少し広がりを維持できたら良いなと思って、くるんだホースヘアーをたたきましたが
ブレードの重さに勝てず・・・そんな気がしました。
161212-1 (9)
↑来るんだホースヘアー
ブレードは2段ともトップスと同じ物にもう一段金スパンのブレードをたたいた物が2段になってます。
パールヴァティのポイントはこの腰の布にナツメ型の模様。
というわけでこのレース地にひたすらナツメ型のストーンを貼ります。一粒一粒丁寧に行います。
そして裏はいらないオーガンジーなどでガードしつつ乾ききる前に取らないとレースが破れやすいので要注意
これを朝起きたら、少しずつ毎日やるのです。
161212-1 (12) これ、毎日やる。


161212-1 (16)
 161212-1 (36)  161212-1 (37) 161212-1 (31) 

161212-1 (32)

腰に合わせてベルトは作りました。お花のところがスナップで着脱できます。
ストーンチェーンとかスワロフスキーでキラキラにさせました。
そして少し、後ろはバッスルスタイルとはいきませんが盛り上がるようにホースヘアーを寄せて3段付けているので
ぺたんとして無くてボリュームが出ています。やんわりですが
ふわふわした感じが出したくて工夫しました。 やんわりふわっとしている感じがあるので好きです。
とにかくこのレースが重いので・・・ね


★イヤリング
うん、直感で作りました。
まずは土台にこうかな?っと思うアイテムを並べます。
ピコーンと閃いたら、パリィ!(ゲーム違う
ではなく、ボンドでどんどこ持って行きます。
161212-1 (6)
ぶら下がっている、ストーンチェーンと呼んでいる物も
糸をベースにスワロフスキーやラインストーンで作っています。一から
暫く乾くのを待ちます。
1日は置く、そこにイヤリング金具をボンドで載せて更に布でうまいこと裏を貼ります。
でまた置く
そして、落ちにくいように、シリコンを縫ってあげるとよいです。
シリコンは盛りすぎるとなかなか乾かないので加減が必要です。
後は細かいところを綺麗に処理すれば完成です。
落ちにくいように軽めのラインストーン中心でポイントにスワロフスキーごりごり
ごりごり?ってポイントかしら? 結構豪華かも(笑)
161212-1 (19)
イヤリング-!
161212-1 (8) ←シリコンは塗りすぎない!

161212-1 (1)←ザ・どだい!
161212-1 (20) 161212-1 (21)

★ブレスレット
ゴムをパワーネットで来るんでベージュにします。
これにラインストーンやスワロフスキーを貼って埋めるだけ!
超簡単。ポイントに置いた大きいストーンは縫い止めてます。
縫い目を隠してあげるのもポイントです


★ウィッグ
大好きなピンクのウィッグでウキウキ
なかなかピンクのウィッグキャラにありつけないので嬉しかったです。
頭をお団子にするべきか悩んだのですが、重たくしたくない蓮の花にしたい
と言うことで一から作ることにしました。前回のラヴェンツァのお花の巨大版と考えていただければ
ということで、オーガンジーを一枚一枚花びらを切り抜きます。
巨大なのでパーツも大ぶり 花びらは2枚重ねにしてるので結構な量使いました。
軸と1~5に大きさ分けしたお花を一つ一つ縫い合わせて
161212-1 (14)

161212-1 (7) 161212-1 (13)
オーガンジーって可能性の宝庫だよね!

ウィッグにドッキング、直接縫います。
ウィッグは前髪固定させてからドッキングですね
そしてバランス見ながら、スワロフスキーを貼ります。キラキラにします。顔回りは明るい方が良いので
惜しみないスワロの嵐ってほどでもないか~

★ティアラ
161212-1 (44)  161212-1 (41) 161212-1 (42) 
161212-1 (39)

小林○子になってないか心配で衣装作るのうまい友達にずっとラインで経過報告してた(笑)
ティアラは金のブレードで直感でティアラっぽくする
なんかもらったけど使わなくて放置してたモチーフなんかを付けてみる直感で
土台はカチューシャ
イヤリング同様のストーンチェーンとスワロフスキーで豪華にしたところです。
見た感じブルー系に見えたのでブルー系とピンクで装飾してみました。
暖色だけにとらわれず差し色の感じが綺麗だなと思いました。 自分で着る前が一番好き(笑)
小さい帽子みたいなのは、シャンタンにかったい芯貼って、何度かウィッグやティアラとバランス見ながら、縮めてつくリました。
それをティアラとドッキングさせます。カチューシャ含む、そして周りにピンク薔薇のモチーフをくっつけてあげる
その下からヴェールを垂らす。
レース地にしようとおもったのですが、うるさい(笑) うるさくなるのでやめました。
シンプルに・・なんとかオーガン、名前忘れました。
ヴェールの丸い模様がどうやっても思い浮かばなくて最終的に閃いたのは
スパンコールをミシンでたたく!
161212-1 (15)
交互にたたいてみたらなかなか良い感じでしたV

161212-1 (43)
こんな!
そしてカチューシャに付けてあげる。ヴェールも半円でーーーーーと思ったら大きすぎたので分量減らしました。
折角の両サイドのお花死んじゃうので
最後にポイントは、コームを付けること!
カチューシャとコームでウィッグに刺すように当日被れば、飛び跳ねても余裕っす!
カートに無造作に入れてもこわれませーーーん。 

★小物
161212-1 (45) ざっとこんな
蓮のお花はユザワヤで購入したのをデコりました!
もうお花作りたくない(笑)ので買いまいした。すみません


全体的に、ある程度作れば
乾燥させなくてはいけない物も装飾部分では多かったので 何かやるまえに何か出来るボンド作業は無いか?
ザーーーっと書き出して、チェックしつつ作業しては乾燥している間に他の作業や仕事に行く、家事をするなど
隙間隙間の作業が多かったような気がします。
胸の前で手を組む、お花を持つイメージだったので、前あたりの装飾が物足りない感があるのでリベンジできるなら作り足したいです。
予定無ければ捨てます(笑)
書き残しがあるような・・・気がついたら足すか(笑)


いつも、存在が空気なのでピンは死守しようとお願いして取ってもらった!
満足~~~ ピンク大好き
ピンク嬉しいし久しぶりに自分の得意分野の衣装作れた気がして凄く楽しかった。
まだまだ、作れるじゃん自分!とか謎の自信を取り戻しつつも、もっと出来ただろこことかいろいろ
作る執念が気持ちわるいのがアリスです。
s-161212-2 (6) s-161212-2 (3) 161212-2 (5) 

161212-2 (7)


召還したい方、連絡お待ちしとります。


長々とレポお付き合いありがとうございました。
感想や召還希望おまちしております(笑) 













161212-2 (4)

Photo:りえるさん Thanks☆
この空間の写真一番好きかも~ ありがとうございます。

ラヴェの時化粧失敗したので今回柔らかくなるようにしました! いじってないけどババァ感ないじゃろ?(笑)






衣装制作の質問うけるので、自分の中でこれはっていうポイントは押さえてます。
気持ち悪いと思うので畳みます。 気持ち悪いです。 吐き気止め飲んでから読んで下さい。


s-D67A9084.jpg




あくまでも自分ルール
人に迷惑をかけない衣装
洗濯できる衣装
着替えのロスタイムはぶく衣装


更衣室に居る時間で何枚とれるかっ!!
自分のキャラって結局自分しかわかってないんですよ、じっくり見てないんですよロングウィッグで直してもらうぐらいはあるかもしれませんが衣装の細かい所は自分次第なんですよね、帰ってパソコンで見たら・・・・あ~~ここ!
なんて経験有りませんか? 予定がいっぱいの中でいつリベンジ出来るかもわからない
完璧じゃ無くて、自分が満足できる形に持って行くこれが大事。
そもそも完璧なんて存在しない完璧になれたときは終わりだ。

なーんて語ると気持ち悪がられて引かれるんですよね~
でも誰にだって拘りたいところとか有るじゃ無いですか? 私は他に雑貨もやりますけど好きって気持ちは衣装に全力でぶつ懈怠から、おおいっきりやりたい!
それが楽しいし! 作品好きだーーーーーーーーーーーーーーーーって言ってるの
衣装が!

気持ち悪いけど、自分だしやっぱり魅力の一部なんじゃ無いかなって思うから作るのはやめない
雑貨も斜め上だけど、これが私の愛情表現。
一緒にあわせしたくないとか言われたりもするけどね、でも自分のやりたいこととか愛情表現ねじ曲げてまであわせがしたいとは思わない
作れたら良いし、撮り合いでのんびりでいいからごっこあそびがしたーーーーい


ラヴェンツァと2週連続なので時間との勝負。技術じゃねぇ根気と努力なんだっ!
とか久しぶりにレイヤーだった頃を思い返してみた。楽しかったです(*^_^*)
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) NO-139 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。